デジタルカメラを作る新亜光学工業株式会社の製品が注目される理由

>

新亜光学工業株式会社が安く高品質な製品を作れる理由

そもそもODM製品とは何か

世の中には、さまざまなメーカーが存在しています。
しかし、製品に携わる企業の全てが、開発や製造を行なっているわけではありません。
現代の製品は、どんどん複雑になっています。
特に、精密機器については部品1つを開発・製造するだけでも特殊な生産設備が必要になります。
このようなとき、特定分野の製品の開発や製造を行なっていないメーカーは、下請け先に外注をしたり、提携したりして、新製品を製造するのです。

これを請け負って生産することを「ODM」と言います。
ODMでは、製造だけでなく、企画・設計・開発も含まれます。
ODMを専門企業に依頼することより、専門知識や設備を持たないメーカーでも、自社ブランドの製品を世に出すことができるのです。

新亜光学工業株式会社のODM生産

新亜光学工業株式会社では、カメラ製品のODM生産を行なっています。
予算や機能などを提示してもらえば、それに合わせた製品を提案・製造できるそうです。

このODM生産を行なうためには、複雑な専門知識と、開発力、特殊な生産設備や技術力が不可欠になります。
カメラの部品のほぼ全てを製造し、新しい技術を開発し続けている企業でないとできない生産方法です。
カメラ一辺倒なのではなく、光学を利用した製品の多くを製造し、精密機械などにも明るい会社であるからこそ、柔軟な対応ができるのです。

また、海外と提携していることも、ODM生産を可能にしている理由です。
高価格になりやすいODMですが、海外で安く製造することで、現実的な価格で請け負うことができるそうです。